読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトライフ

独りの人の為のブログです

お金を稼ぐこと

3月にアルバイトの面接を受けに行った時のことです。中小の商社みたいなイメージの会社でマーケティングアシスタントのバイトでした。正社員募集もしてました。そっちには独立支援プロジェクトがあって、社長になれるよ!みたいなのがウリなのかな、まぁなんていうか独立志向の強い若者ウケしそうな会社でした。面接も進み、終わりかけた頃、社員の方が「色んなことやってみたいって言うなら、一度社長くらいやってみてもいいんじゃない?うちは独立支援もやってるよ」とおっしゃるんです。私はその頃どこかで長く働くっていう気持ちは持ってなかったので、「ああ、そうですねぇ〜・・・」くらいにお答えしまして、向こうの方も察したのか最終的には「まぁ、もし気が向いたら(笑)」程度に流して下さったんですけど。その中で、「すーちゃんさんは月いくらぐらい欲しいの?」「額面20いただけたらありがたいですねぇ・・・」「そんなもんでいいの?うち独立支援もやってて、君より若い子が月100万稼いでるよ(笑)」ってな感じのやり取りがあったんです。その時は「へぇー、すごいですねぇ・・・」って答えてたんですが、まぁ気持ちは全然動いてませんでした。で、この出来事を後から自分で分析してみまして、結論から言いますと俺ってお金だけをモチベにしては頑張れないんだなぁとわかったんですね。確かにお金は好きですし、あるだけあるに越したことはないとは思うんですけど。それまでは自分のことお金大好き人間だと思ってたんです。お金第一主義的な人間だと。でも、実際はそうじゃなかったんですよね。去年、バイナリーオプションなるものにハマりまして、凝ってやってたつもりなんですが、それで100万溶かしてしまったんですよね。そのうち、70万は借金でした。この経験もあいまって、多分気づけたことだと思うんですけど、本当に私ってお金を稼ぐ才覚はないんです(笑)それがあってからの、この面接での出来事だったこともあって、この出来事の前と後で自分に対する認識がまるっと変わったんですよね。お金だけの為には頑張れないし、そういう才能もない。そしたら、結構普段の慎ましやかな生活の中にも幸せが感じられてきて、あー、こっちのほうが向いてるかもなぁ、、、って思ったんですよね。多分どっかで聞きかじった言葉だと思うんですけど、お金はあとからついてくるって言葉知ってるんですよね。私はそういうタイプなんだと思うんです。人の役に立つことって結構すばらしいことだと思ってて、それって自分の生きる意味として1つプラスされるじゃないですか。だから、、これからまた新たに仕事始めるんですが、人の役にたつことをして、その結果としてお金もついてきたら嬉しいっすねぐらいのスタンスでがんばろうと思って。