読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトライフ

独りの人の為のブログです

タイムフライヤーしていた27歳男性

 ボーッとしておりました。リビングの椅子に腰掛けまして、ゴミ箱をフットレスト代わりにしまして、部屋の隅っこのほうをボーッと眺めておったんです。耳にはイヤホンをはめまして、iTunes Storeで「なんでもないや」の試聴を延々リピートしておりました。点けっぱなしになっているテレビが視界の端っこでちょろちょろ動いておりました。

 わてくし実家住みでございますので、何と無くこの景色は小さい頃から変わらないなぁと感じたんでごぜえますね。偶然長澤まさみさんの虫コナーズのCMがふと目に入りまして、おっと長澤さんこりゃお年を召されましたね、と。まるでタンスにゴン沢口靖子さんを見てるようじゃねぇですかい、と。わてくしが中学生の時、セカチューで一世を風靡された長澤まさみさんが、今や虫コナーズのCMをするようなお年になられて、右腕をピンと突き出してブルブル震わせる謎の名演技をされていらっしゃる、と。わてくしそう感じたんでございますね。決して悪い意味じゃないですよ。単に時の流れを感じたという意味でござんす。

 その時ですな、わてくしも歳を取ったなぁと感じたんでございますね。そして、この先もあっという間なんだろうなぁと感じたわけでございます。っと、そうしました時、わてくしどういう風に歳を取りたいのかなぁ、と考えたんでございますね。この先、どういう景色が目の前に広がっていればわてくしは生きてきた甲斐があったと思えるのか、とそうやってあらゆる景色を想像してみたわけでございます。しかし、どれもピンとこない。突き詰めて奥さんと子供がいる光景なんかも想像してみたわけなんでございますが、それでもイマイチ満足感は得られない。っと、コップに注いでたお茶を飲もうとした時でやんす。そういえば、わてって、どんな飲み物飲んでるときがベストなんかもわかってないんやなぁ、と。こんな家でボーッとくつろいでいるとき、わては脇にどんなドゥリンクがあれば一番満足する人間なんでっひゃあ、と。がんばれゴエモンのエビス丸を思い出しましたわ。とにかく、俺って自分のことをほとんど知らないなぁ、と思ったわけなんでございますねぇ。

 だから、どうこうというわけではないです。結論は先延ばしです。とにかく、今そう思ったということをメモしておきたかったんですね。そいじゃあ!

カレー

母が出かけているので、カレーつくって食べてます。茄子のカレーです。市販のルーだけではどこか物足りなかったので、ガラムマサラとクミンを少し足してみたところ一気に上品な香りになりました(*´Д` *)フラワァ〜あと、秦基博さんの「朝が来る前に」。ツライ時聴くと癒されます〜(*´Д` *)フラワァ〜

 

どうしよう・・・

夕方7時頃テレビを見ていると、携帯に着信が・・・。ブーッブーッブーッ・・・。

(あれ、電話かな・・・)

「ガチャッ。はい、僕すーちゃん^p^」

「お世話になります。□□(会社名)の△△(昨日の社員さん)ですが〜」

(ぎぃゃああああああああああああ)※心の声

 

なんと、斯く斯く然々で、採用していただけるとのこと・・・!!!

お昼頃メールしたのに返事がないから、と心配して電話を下さりました・・・。

確認したら迷惑メールフォルダに振り分けられていました・・・。Gmailの野郎・・・(受信設定しておけ(´・_・`)つビシッ

 

ただ、もう3週間以上前から履歴書出してるとこが2つありまして、、、そこの結果も気になるんですよね・・・。多分受かんないとは思うんですけど、結果出てないとこういうのってスッキリしないですよね。そして、一昨日のバイトの所には答えを出すのを待って頂いていたので、お詫びしなきゃ・・・。

面接落ちまくりで意気消沈、無職の私にも温かい対応をしてくれたあの社員さん。。。あちらからしたら単にビジネスライクな対応だったのかもしれませんが、意気消沈していた私の心には温かい血が通った瞬間でした・・・。

 

また追ってご報告します。ではでは。

 

どんなに気分が沈んでいても僕はブログを書く!

みなさんこんばんは。今日も面接に行ってまいりました。最初かなり好印象か!と思いきや、面接が進むにつれ怪しい雲行きに・・・。そして、面接終わり、エレベーターの前まで見送ってもらった時に察知しました。あ!この感じ、落ちてる時のやつだ!!そうです、おそらく落ちました。この一ヶ月間で4度も面接で落ちてる私にはわかるのです。あの社員さんの曇った表情、なんか弾まないトーク、エレベーター前での丁重なおもてなし・・・次回がないからこそこんなに丁重なのね・・・知ってますよ社員さん!!と思いながら階を下って行きました。それから帰宅してからも落ち込むことがありました。「他人を傷つける人間は同時に自分の魂をも傷つけている」これ今日の教訓です。もうダメだぁと思っていた時、ふと、今はタイミングじゃないだけなのかも・・・と思い始めました。つまり、今はまだ時期じゃないだけなのです。みなさんも落ち込むことがあってもヤケになってはダメですよ!!!いつか時期が来ます!!あなたにとって、まさに「その時」がくるんです。だから、今はその時のために自己研鑽を積みましょう・・・!!それに尽きます!がんばれみんなぁ!がんばれぼくぅ!!・・・ぶっちゃけ、ただの空元気です・・・明日からもまたがんばるぞぉ〜〜

風邪ひいた

バイトの面接行ってきました。今日は雨で本当に寒かった・・・。家帰ったら風邪ひいてました・・・。2週間前に郵送した書類の選考結果早く出ないかな・・・。早くお風呂入って寝ます。

明日は面接

 明日はまたバイトの面接に行きます。ITソリューション系の会社の中で帳票の取り扱いやデータ入力なんかをやるみたいなんですが、多分これ向こうとしては女性事務員さんを求めてると思うんですよね。バイトルで応募したらメールがきたので、とりあえず行ってみようとは思うんですが、結局また落とされる気がしますね、こりゃ。それから、明後日にも別の面接があるんですが、そちらはWEB広告の代理店です。受かるかなぁ〜。とりあえず今履歴書を書いてます。

 話変わりますが、最近、試験の勉強をしてます。問題集解いて解説よんでって感じで進めてます。なんの試験かと言いますと、それはまた追い追い・・・。子供が1ヶ月勉強すれば合格できちゃうような試験なので、恥ずかしいんですよね言うのが・・・。仕事してた時はする気も起きなかったんですが、無職になった今、毎日に少しでも生産性を与えたいと思い始めてみました。結構楽しくやっております。あと、今はまだ漠然としてますが、消費と生産っていうテーマで時々考えていて、今度まとめて書けたらいいなと思っています。それでは。

諦めること

 私の小学生の頃の将来の夢はバスケットボール選手になることでした。でも、いつの間にか自分にはなんとなく無理なんだろうと諦めていました。そして、子供ながらそのことになんの抵抗も感じませんでした。他にも今まで色々、ああしたいこうしたいという願望や夢がありましたが、いつの間にか諦めていました。

 なぜ、諦めるのかというと、それは願望を実現するためにすべきと思われる努力を惜しむからです。労力に対する成果が確信できない状況では打算がはたらいて、諦めることが多いのです。

 私はそれを全く後悔しませんし、これからもそうするのでしょう。ただ、ここで一つ、この諦めることについて疑問が浮かびます。それは、努力がともなうことであれば労力を惜しんで簡単に諦められますが、では逆に努力のいらないことを諦める場合はどうかということです。例えば、生まれながらの自分の性質や才能について諦める場合です。運命と呼ばれるようなこともそうかもしれません。

 具体的な例としては容姿がそうです。見た目が秀麗であるか醜いかは、生まれながらに決まっている要素が大きいですよね。努力で多少結果は変わるかもしれませんが、それでもどうしても埋められない差というのがわかりやすく存在しています。こういう、努力ではどうしようもないようなことに対して諦めるのは簡単なことではないと思うのです。実際大人になっても自分の容姿にコンプレックスを抱いてる人は少なくないんじゃないでしょうか。

 私が言いたいのは、努力でどうにかなることよりも、努力じゃどうしようもないことのほうが、むしろ諦めにくいという現実です。どうしようもないんだから諦めるしかないでしょう、ということを言う人がいますが、自分ではどうしようもないからこそ諦め難いのです。多分その理由は、自分で「諦める」選択をしたのではなく、諦めざるをえないという強制力が働いているからです。諦めることを強制されていることに、抵抗を感じるのです。

 だけどやはり、抵抗を感じるっていうのはストレスなわけですよ。だから、こういうストレスを感じずに、なるべく心穏やかに過ごすにはどうしたらいいかというと、諦めざるをえないことに対しても積極的に受け入れる心構えをもつことしかないと思うのです。正直、私には、その実現について、努力でどうにかなると思えない、それどころか努力の仕方すらわからないような願望が多いのですが、ここまでズラズラ書いてきたようなことを念頭に置いて、これからは心穏やかに諦めの境地に入ろうと思います。